ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

 

会員登録をしなくてもお買い物できます


 

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

 オイルは熱と光、酸素によって品質劣化をおこします。
 当社では小分けの際、酸素による劣化を防ぐため、人体に無害な窒素を充填しております。プッシュポンプ付きの商品につきましてはバージンキャップを採用し、プッシュポンプを別に付属しております。
 また、熱と光による品質劣化を防ぐために商品は地下室にて保管しております。

 皆様に安心、安全なオイルをお届けするために、品質管理にはより力を注いでおります。
 詳しくは
こちら をご覧ください。

 

木工用塗油(木材用オイル)

  • NEW
商品コード: ama-b150

亜麻仁油(アマニ油) 木工用 150ml 【酸化を抑えるエアレスポンプ付き二重容器入】

販売価格(税込): 1,080 円  (本体価格: 1,000 円+税)
定価: オープン価格
在庫数: 在庫あり
数  量

カゴに入れる

商品おすすめポイント

  
【木材のお手入れに】
 
亜麻仁油(アマニ油)150ml
 
(酸化を抑える二重構造の容器・エアレスポンプ採用)
 
 
亜麻(リネンの繊維を採る木)の種子から得られる植物油です。
亜麻仁油はリノレン酸を主成分とする乾性油で、バイオリンや番傘、提灯などの塗油として適しています。
 
工業用としては、木工用塗油、印刷インキ、電気絶縁ワニス、金属の防蝕、絵具などにも用いられます。
 
工業用の亜麻仁油は食用ではありませんが、天然の油ですので、身体についても問題はございません。衣服についた場合は日が経つにつれて汚れが落ちなくなりますので、すみやかに洗ってください。
 
よく似た工業用の油には、荏油、桐油、煮亜麻仁油、クルミ油などがあります。
 
「あぶら屋ヤマケイ」では150mlサイズの木工用油に二重剥離構造の容器を採用し、容器内の油が空気に触れることを防いで酸化を抑え、長期保管できるようにいたしました。
オイルは光や熱でも劣化いたしますので、直射日光の届かない冷暗所のようなところで保管して下さい。

 
ポンプも空気が中に入らないエアレスポンプを採用しておりますので、荏油を空気に触れることなく最後まで使い切ることができます。
 
【搾油法】 当社扱いは圧抽法です。
【原産国】 主にカナダ、アメリカ
 
150mlで畳(たたみ)約3枚分塗れます。
 
【ご注意】 容器が二重構造のため、内袋の剥離状態により充填ごとに液面の上下が発生いたしますが、内容量は同じですのでご安心ください。
 
※ 商品には「オイル拭き取りマット」が1枚付属いたします。オイルがこぼれたり、容器にオイルが付いたときに拭き取るマットとなります。木材塗布用のウエスとして使用いたしますとマットの繊維分が木材に残る可能性がございますので、オイルの掃除用としてお使い下さい。
 
 
内容量 150ml   
   
木工用塗油 150ml 酸化防止容器入り 
  
木工用塗油は乾性油のため、通常の容器ですと空気に触れて酸化してしまいます。
そこで、「あぶら屋ヤマケイ」では木工用塗油の150mlサイズに、開封後も酸化を抑える二重構造のポンプ容器を採用いたしました。
詳しくは下記をご覧ください。
 
 
   

 

数  量

カゴに入れる

その他のおすすめ商品

亜麻仁油(アマニ油) 業務用16.5kg (一斗缶) 【送料無料】

販売価格(税込)
    17,712 円
 (本体価格: 16,400 円+税)

亜麻仁油(アマニ油) ハンディキューブ 5L

販売価格(税込)
    7,560 円
 (本体価格: 7,000 円+税)

亜麻仁油(アマニ油) 木工用 450g (酸化防止容器入り)

販売価格(税込)
    1,512 円
 (本体価格: 1,400 円+税)

荏油(えごま油) 木工用 150ml 【酸化を抑えるエアレスポンプ付き二重容器入】

販売価格(税込)
    1,858 円
 (本体価格: 1,720 円+税)

煮亜麻仁油(ボイル油) 木工用 150ml 【酸化を抑えるエアレスポンプ付き二重容器入】

販売価格(税込)
    1,296 円
 (本体価格: 1,200 円+税)

桐油(キリ油) 木工用 150ml 【酸化を抑えるエアレスポンプ付き二重容器入】

販売価格(税込)
    1,404 円
 (本体価格: 1,300 円+税)

  

 
送料無料 atosukoshi
 
seino
 
hajimete freemail
 

お支払い方法送料マップ

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力



 

送料無料まであと少し
 

 

 

 

 

西濃案内
  

このページのTOPへ