ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

 

会員登録をしなくてもお買い物できます


 

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

送料無料
 

送料無料まであと少し
 



 

定休日カレンダー

2019年4月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

商品カテゴリ

フラワーハーバリウムの浮いてしまう花材への対処法
1.流動パラフィンを底に少しだけ入れます。
 
2.流動パラフィンが80℃以上になるまで湯せんをします。(やけどに注意してください)
 
3.そこにオイル凝固剤(12-ヒドロキシステアリン酸)を3%~5%の割合で入れます。 4.しばらく放置し、温度が下がってくると、流動パラフィンがゲル状になります。
5.花材を植えるようにして挿します。
 
6.完全に固まった後に流動パラフィンを注ぎ込み、終了です。
   
 12-ヒドロキシステアリン酸はヒマシ油を原料として作られた融点約75℃の脂肪酸で、オイルの凝固剤として広く使われています。ただしシリコン(シリコーンオイル)とは相性が悪く、シリコンで同じことをしても上手に花材を挿すことができません。
 また、固形のパラフィンワックスを同じように湯せんして挿すこともできますが、パラフィンワックスは12-ヒドロキシステアリン酸よりも融点が低いため、陽の当たるところに置いていたりしますと溶けて、花材が浮いてしまう心配がございます。
 
 なお、12-ヒドロキシステアリン酸につきましては当社ネットショップ「あぶら屋ヤマケイ」で取り扱っております。ご購入は
こちらからどうぞ。
 
【ご注意!】他社で販売されている流動パラフィン(ミネラルオイル)のなかには引火点が100℃以下のものもございますので、オイル凝固剤をご使用の際はオイルの安全データシート(SDS)に掲載されている引火点を必ずご確認ください。
 
あぶら屋ヤマケイ ハーバリウムページに戻る

 

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

 
  
 
Facebook,Instagramで最新情報を公開
 

 納品書・領収書 発行できます
 

 



 
当社取り扱いのハーバリウム用オイルに関する情報やハーバリウム作りにお役立ちの情報を、このカラム(縦列)で公開していきます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


     2019年 3月1日~ 3月31日





3月はシリコーンオイル各種16kgサイズのご注文が大量に入り、350csが初めて売れ筋ランキングに登場しました。
しかし1位はいつもどおりシリコン350#のバロンボックスタイプで、法人・個人のお客様に広くご愛用していただいております。
当社倉庫が母の日出荷体制となっており、高粘度シリコンや流動パラフィン380#の在庫数が減っておりますが、多数ご入用のお客様はご遠慮なくお申し出ください。

このページのTOPへ