ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

 

会員登録をしなくてもお買い物できます


 



 

商品カテゴリ

ボトルシーリングワックス(Bottle sealing wax)
 

・ボトルシーリングワックスとは
・ディッピング(ワックス漬け)の方法
・ワインボトル(コルク栓)の封蝋の特徴(動画あり)
・ビール瓶(王冠)の封蝋の特徴(動画あり)
・ハーバリウム瓶(アルミキャップ)への封蝋方法(動画あり)
・容器の再利用による割引販売
・海洋熟成(海底熟成)用の封蝋をお探しの方へ
・ボトルシーリングワックスのご採用例(一部)
・【法人様限定】ボトルシーリングワックスお試し装飾 お申込み

 
ボトルシーリングワックスとは

ボトルシーリングワックス(ワックスキャップ、蝋キャップ)はワインボトルやビール瓶などの封蝋としてお使いいただけるワックスです。「あぶら屋ヤマケイ」取り扱いのボトルシーリングワックスは安心・安全な国内原料をブレンドして製造しております。
ワイン、ウイスキー、日本酒、クラフトビールの記念ボトル・周年ボトルなどの装飾や、他社との差別化のアイテムとしてお使いいただけるもので、常温下では開封が簡単でワックスが飛び散りにくく、処分しやすいボトルシーリングワックスとなっております。
「あぶら屋ヤマケイ」では500gサイズから5kgサイズまで、IHクッキングヒーターがあればすぐにお使いいただけるステンレス容器入りで販売しております。

ボトルシーリングワックスのカラーにつきましては、金(ゴールド)・銀(シルバー)・銅(コパー)の3色とノーマルカラーの9色をご用意しております。
ボトルやラベルに合わせたオリジナルカラーのワックスを製造することもできますので、ご希望の方はお問い合わせください。
(ブレンドするワックスの色の関係で純白色は出来ません。白に一番近い色はミルキーホワイトとなります)

ボトルシーリングワックス 色見本 ゴールド シルバー コパー
ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 500g ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に) ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 1kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に)

ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 2kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に) ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 3kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に)

ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 4kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に) ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 5kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に)

ボトルシーリングワックス 色見本
ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 500g ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に) ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 1kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に)

ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 2kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に) ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 3kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に)

ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 4kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に) ボトルシーリングワックス(bottle sealing wax) 5kg ステンレス容器入り(ワインやクラフトビールの封蝋用に)

500gで20~30本、1kgで50~70本が目安となります。ディッピングの際のワックスの厚み、ディッピングの回数により目安の本数より少なくなる場合もございますので、余裕をもってご注文下さい。
ディッピングできるキャップ一覧は以下のとおりです。
ボトルシーリングワックス ディッピングできる本数 ボトルシーリングワックス(封蝋)に適したキャップ(栓)一覧
 
ディッピング(ワックス漬け)の方法
ボトルシーリングワックス ディッピング1 ボトルシーリングワックス ディッピング2
1.ボトルシーリングワックスの入ったステンレス容器をIHクッキングヒーターの弱火で加熱します。約180℃でワックスが溶けます。 2.ワックスが完全に溶けたら、よくかき混ぜてください。液温が160℃を切ればディッピングできます。ディッピングは140℃~160℃が最適です。
ボトルシーリングワックス ディッピング3 ボトルシーリングワックス ディッピング4
3.ボトルを垂直に立ててワックスの中に沈めます。ワックスの中で5秒ほど上下を繰り返すとワックスの付きが良くなります。 4.ボトルを上げて、ワックスが均等になるように瓶を回します。ワックスがこぼれないように注意してください。
ボトルシーリングワックス ディッピング5 ボトルシーリングワックス ディッピング6
5.ボトルを立てて底に軽く衝撃を与えますと、ワックスが垂れていきます。 6.ワックスが垂れきったら完成です。ワックスの量が多いほど垂れが大きくなります。
 
ワインボトル(コルク栓)の封蝋の特徴
ワインボトルの封蝋1 ワインボトルの封蝋2
1.ソムリエナイフとワインオープナーを使い、そのまま開栓することができます。 2.シーリングワックスの開栓後、ワインボトルの口まわりにワックスが残りません。
ワインボトルの封蝋3 ワインボトルの封蝋4
3.シーリングワックスは引っ張って剝がすことができます。 4.処分の際、ワインボトルとシーリングワックスを分別できます。

使い方の動画はこちら(3分50秒)
  
ビール瓶(王冠)の封蝋の特徴
ビール瓶の封蝋1 ビール瓶の封蝋2
1.栓抜きを使って開栓できます。ワックスが厚い場合はソムリエナイフなどを使って下さい。 2.シーリングワックスの開栓後、ビール瓶の口の周りにワックスが残りません。
ビール瓶の封蝋3 ビール瓶の封蝋
3.シーリングワックスは引っ張って剥がすことができます。 4.処分の際、ビール瓶とシーリングワックスを分別できます。

使い方の動画はこちら(3分45秒)
  
ハーバリウム瓶(アルミキャップ)への封蝋方法
ボトルシーリングワックス ハーバリウム1 ボトルシーリングワックス ハーバリウム2
1.ハーバリウムを用意します。スクリューキャップは強く締めておいてください。プラスチック製の容器は溶ける恐れがあり、ディッピングできません。 2.ハーバリウム瓶を逆さまにしてボトルシーリングワックスに垂直に漬け、取り出してから軽く回します。
ボトルシーリングワックス ハーバリウム3 ボトルシーリングワックス ハーバリウム4
3.瓶の底に軽く衝撃を与えますとワックスが綺麗に垂れます。スクリューキャップの場合、キャップ下部に空気穴が出来る場合がございます。 4.ボトルシーリングワックスが固まれば完成です。ワックスには弾力がありますので、少しの衝撃ではわれる心配はございません。

使い方の動画はこちら(1分58秒)
ハーバリウムのキャップ
  
ボトルシーリングワックス 容器の再利用による割引販売
   
・海洋熟成(海底熟成)用の封蝋をお探しの方へ
このボトルシーリングワックスは装飾用のため粘着性が弱いものとなっております。海洋熟成用に使用された場合、水面下での長期間の封蝋に耐えうるか保証することができません。
装飾用でないボトルシーリングワックスもこれまでどおり取り扱っており、こちらのワックスは海洋熟成など水中での使用実績はございますので、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
ボトルシーリングワックス ご採用例(一部)
・注意事項
【商品の性質について】
ボトルシーリングワックスは溶融と固化を繰り返しますと黄変(黄色っぽく変色)しますのでご注意ください。また色素が分離して表面がマーブル状になったり、底に溜まったりする場合がございますので、よくかき混ぜてご使用ください。

【作業中の注意点】
溶融時には特有の匂いがします。ディッピング作業中はよく換気をしてください。机などにこぼれて固まってしまった場合はヒートガンで熱をかければ拭き取りやすくなります。
加熱したワックスに水分が入りますと、ワックスがはねて火傷をする恐れがあります。キャップ不良等には十分ご注意ください。

【保管中の注意点】
ご使用後はフタを閉めて保管してください。
固化する際に中心部分に亀裂が入ったり、穴が開いたりする場合がございますが、これはワックスの収縮によるものです。品質に問題はございませんので、再度ご使用されるときは180℃程度で溶かしてからよくかき混ぜてください。

 

 

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

定休日カレンダー

2024年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 オイルは熱と光、酸素によって品質劣化をおこします。
 当社では小分けの際、酸素による劣化を防ぐため、人体に無害な窒素を充填しております。プッシュポンプ付きの商品につきましてはバージンキャップを採用し、プッシュポンプを別に付属しております。
 また、熱と光による品質劣化を防ぐために商品は地下室にて保管しております。

 皆様に安心、安全なオイルをお届けするために、品質管理にはより力を注いでおります。
 詳しくは
こちら をご覧ください。

 



 

このページのTOPへ