ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

 

会員登録をしなくてもお買い物できます


 

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

送料無料
 

送料無料まであと少し
 



 

定休日カレンダー

2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

商品カテゴリ

  
◆ ハーバリウム用オイルの「曇り」について
 
流動パラフィン(ミネラルオイル)は温度が低下しますと成分の一部が白く濁ったようになり、オイルに「曇り」を発生させます。(画像右)
温度低下でオイルが曇り始める温度を「曇点(どんてん)」と言い、さらに温度が下がり、オイルが流動しなくなる温度を「流動点」と言います。
流動点以下になりますと、水が氷になるようにオイルは凝固します。
流動パラフィン(ミネラルオイル)の流動点につきましては、SDS(安全データシート)に明記されています。
   
◆ あぶら屋ヤマケイの流動パラフィン(ミネラルオイル)について
 
流動パラフィン(ミネラルオイル)は引火点が低いものほど流動点も低く、引火点が高いものほど流動点も高くなります。
当社取り扱いの流動パラフィン70#は引火点が200℃、流動点が-24℃、流動パラフィン350#は引火点が220℃、流動点が-21℃、流動パラフィン380#は引火点が250℃、流動点が-9℃となります。
流動パラフィン380#は温度が低下しますと3~4℃程度から曇りはじめ、流動パラフィン350#も氷点下になりますと曇りはじめます。-10℃になりますと流動パラフィン380#は凝固して、真っ白になってしまいます。
 
   
ハーバリウムをネットショップやネット上のハンドメイドマーケットで通販される場合、宅配便でお客様にお届けすることとなりますが、寒い季節では宅配倉庫や宅配便の車内でハーバリウムが温度低下する恐れがあり、お客様がお受け取りの際に商品が曇っておりますとクレームの対象にもなりかねません。また、ハーバリウムを店頭で販売されたり、窓際で飾られる方もご注意ください。
なお、白く曇ったり凝固したりしましても常温になればクリア(透明)な状態に戻ります。
シリコンにつきましては引火点300℃以上、流動点-50℃以下となりますので、一般的な取り扱いでは曇りに関する心配はございません。
 

動画はこちら
 
あぶら屋ヤマケイ ハーバリウムページに戻る

 

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

 
  
 
Facebook,Instagramで最新情報を公開
 

 納品書・領収書 発行できます
 

 



 
当社取り扱いのハーバリウム用オイルに関する情報やハーバリウム作りにお役立ちの情報を、このカラム(縦列)で公開していきます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


     2018年10月1日~10月31日





上位に変動はありませんが、10月3日に発売されたばかりの流動パラフィン350#詰替え用パック10Lが5位に入ってきました。
いままで5Lバッグインボックスをお買い上げいただいていたお客様もお得な10L詰替え用パックを選ばれる傾向にあり、来月以降はさらに上位に進出する可能性もあります。
なお、11月1日からバロンボックスの容量が15Lになっておりますのでご注意下さい。
 

このページのTOPへ