ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

 

会員登録をしなくてもお買い物できます


 

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

送料無料
 

送料無料まであと少し
 



 

定休日カレンダー

2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

商品カテゴリ

 当社取り扱いのハーバリウム用オイルをオイルランプに使用できるのかというお問い合わせをよくいただきます。
 
 当社ではハーバリウム用のオイルとしてシリコンと流動パラフィンをラインアップしておりますが、シリコンはその特性から燃えません。
 流動パラフィンにつきましても、380#や350#などの高粘度タイプは灯芯がオイルを吸い上げませんので、安定的に火を灯すことができません。
 流動パラフィン70#につきましては低粘度ですので灯芯に吸い上げることができ、火を灯し続けることはできるのですが、灯芯を伸ばし火を大きくしますと黒煙(スス)が発生いたします。
 当社では植物性の椿油や菜種油を精製して作られる灯明油も取り扱っておりますので、灯明に用いられる良質なイグサ(灯芯草)の灯芯などでも実験いたしましたが、やはり流動パラフィン70#では黒煙(スス)が発生いたしました。
 灯芯を短くして火を小さくいたしますと黒煙(スス)はおさまるのですが、ランプとして使える明るさではありません。またインテリアとして飾るのでしたら、流動パラフィン70#で作られたハーバリウムをオイルランプにする必要性はないものと思われます。
 オイルランプの場合は火を灯し続けますとオイルが減りますので、花が入っている瓶にオイルを継ぎ足す問題もございます。
 結論としましては、当社取り扱いの流動パラフィンではハーバリウムとオイルランプの両立は難しいものと考えられます。
 シリコンも含め、ハーバリウム用のオイルとしてご愛用いただけましたら幸いです。
   
あぶら屋ヤマケイ ハーバリウムページに戻る

 

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

 
  
 
Facebook,Instagramで最新情報を公開
 

 納品書・領収書 発行できます
 

 



 
当社取り扱いのハーバリウム用オイルに関する情報やハーバリウム作りにお役立ちの情報を、このカラム(縦列)で公開していきます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


     2018年8月1日~8月31日





1位、2位に変動はありませんが、シリコン100#は一時的に品薄状態になったにも関わらず、3位に上昇しました。
シリコン1000#も良く売れており、5位のシリコン350#とは僅か1箱差の6位でした。

このページのTOPへ