ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

 

会員登録をしなくてもお買い物できます


 

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

送料無料
 

送料無料まであと少し
 

定休日カレンダー

2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

商品カテゴリ

ハーバリウム用オイルの処理について
 
● ハーバリウム用オイルを「拭く」
 
ハーバリウムに使われる瓶のキャップがスクリューキャップの場合、栓の外側にオイルが付いてしまいますと、封をした後でも瓶を横にした際、オイルの特性で液漏れを起こすことがあります。
「オイル拭き取りマット」などを使い、瓶についたオイルを拭き取って下さい。
ティッシュなどで拭きますと油膜が残りますので、ご注意ください。
 
● ハーバリウム用オイルを「洗う」

流動パラフィン(ミネラルオイル)は家庭用の中性洗剤で洗えますが、シリコンはコーティング剤にも使われておりますので、机や床、ハーバリウムの使用済みの瓶などに付着してしまいますと、家庭用洗剤などで洗うのは大変です。
ハーバリウム用シリコン洗浄剤「ハーバリーナー」などを使って洗ってください。
シリコンはこぼれて繊維に染み込んでしまいますと落とすことができません。
カーペットなどの床や衣服などにつかないように、十分ご注意ください。

 
● ハーバリウム用オイルを「捨てる」
 

 

オイルは排水溝に捨ててはいけません。
液状のままでゴミに出すことはできませんので、少量であれば新聞紙や布に吸いこませて、燃えるゴミに出してください。
流動パラフィン(ミネラルオイル)、シリコンともに酸化重合反応を起こしませんので、新聞紙や布に染み込ませた状態で放置しましても自然発火の危険性はございません。
 
ハーバリウムに使われたオイルを捨てる場合は「オイル拭き取りマット」などに染み込ませて、燃えるゴミとして捨てることができます。
当社取り扱いの「オイル拭き取りマット」(9cm×25cm)ですと、マット1枚で約100ml吸収することができます。
また大量にオイルをこぼしてしまった際は「オイル吸着剤」を使って吸い取らせてください。
(オイル吸着剤は「土」に分類されます。各自治体の指示に従って捨ててください。)

 
また、流動パラフィン(ミネラルオイル)の場合、12-ヒドロキシステアリン酸などの「オイル凝固剤」を使い、固めて捨てる方法もございます。
「オイル凝固剤」は80℃以上まで熱したオイルに混ぜて固めますが、他社で販売されている流動パラフィンのなかには引火点が100℃以下のものもございますので注意が必要です。
「オイル凝固剤」を使われる際は、お使いのオイルの安全データシート(SDS)を必ずご確認ください。
シリコンは「オイル凝固剤」では固まりません。シリコンの処分には「オイル拭き取りマット」か「オイル吸着剤」をお使いください。

 
「オイル拭き取りマット」…当社でハーバリウム用オイル5リットル以上をお買い上げの方に無料で同梱しております。5リットルサイズお買い上げで小サイズ(9cm×25cm)が1枚、500ml瓶12瓶セットお買い上げで小サイズが4枚、15kgバロンボックスをお買い上げで大サイズ(36cm×25cm)が1枚付属します。詳しくはこちら
 
「ハーバリーナー」「シリコンオイル清掃セット」に同梱。ハーバリウム用シリコンの洗浄剤(中性洗剤)です。SDS(安全データシート)はこちら
 
「オイル凝固剤」(12-ヒドロキシステアリン酸)…当社の流動パラフィンを固めるのにお使いいただけるヒマシ硬化油由来の脂肪酸。こちらでお買い求めいただけます。
 

 
あぶら屋ヤマケイ ハーバリウムページに戻る

 

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

 
  
 
Facebook,Instagramで最新情報を公開
 

 納品書・領収書 発行できます
 

 



 
当社取り扱いのハーバリウム用オイルに関する情報やハーバリウム作りにお役立ちの情報を、このカラム(縦列)で公開していきます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

このページのTOPへ